洋画・映画の感想

映画「ファイティング・ファミリー」感想 -後半にネタバレあり- 実在するレスリング一家の絆に感動する。

映画「ファイティング・ファミリー」感想 -後半にネタバレあり- 実在するレスリング一家の絆に感動する。

Filmarksの試写会にてファイティング・ファミリーを鑑賞しました。
(ありがとうございますっ☺︎)

簡単に言うと実話をベースにした女子プロレスのお話です。一家全員レスラーっていうのもすごいインパクトでした。

正直に言ってしまうと、プロレスのことはよくわからないし 興味を持ったことがなかったのですが、私が知っていた世界とは違う側面が沢山あって驚いた。とても過激なショーであると同時に リアルで厳しい訓練と 強さ、スター性を求められる世界。怪我をするリスクもある。傍若無人に戦っている様に見えて 実は細かい配慮をしていたりして 無知な私からすると すごく勉強になった。

一家の憧れでもあるロック様が 良い感じで登場するのも良かったし すごい存在感があった。

そして、本作はプロレスが大きなテーマではあるけど 個性的でユニークな家族そのものがまた1つのテーマになっている。
コメディ要素も多く 笑えるシーンが沢山あったし、主人公であるサラヤの成長記録でもあったと思う。

 

作品詳細

製作年 2019年
製作国 アメリカイギリス
上映時間 108分
監督・脚本 スティーヴン・マーチャント
出演者 サラヤ(ペイジ) / フローレンス・ピュー
ジュリア / レナ・ヘディ
リッキー / ニック・フロスト
ザック / ジャック・ロウデン
ハッチ・モーガン / ビンス・ボーン
ドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソン(本人役)
/ ドウェイン・ジョンソン、他

簡単解説

アメリカのプロレス団体WWEで一夜にしてスターの座を掴んだ女性ファイター、ペイジの実話をもとに、プロレスを通して固い絆で結ばれた家族を描いたヒューマンドラマ。ペイジとその家族を描いたドキュメンタリー「The Wrestlers:Fighting with My Family」に感銘したドウェイン・ジョンソンが、イギリスの映画製作会社Film4 Productionsとタッグを組んで映画化した。
映画.comより

簡単なあらすじ

イギリス北部ノーウィッチでレスリング・ジムを営むナイト一家はレスリングの固い絆で結ばれている。中1の時からリングに立っていた18才のサラヤ(フローレンス・ピュー)は特にレスリングを愛している。日々ジムに通う子供達にレスリングを教え、いつかはWWE(ワールド・レスリング・エンターテイメント)の試合に出て一家を盛り上げたいと願う健気な娘だ。兄のザック(ジャック・ロウデン)もプロレス命。だが彼は愛する彼女と結婚をし、普通の家庭も持ちたい。

そんな兄妹に転機が訪れる。トレーナーのハッチ(ヴィンス・ヴォーン)に誘われ、WWE のトライアウトに参加する。そこで二人が尊敬してやまない、かのドウェイン・ジョンソンとの対面を果たすのだ。大喜びでトレーニングに勤しむ兄妹だったがサラヤだけが次のステージに進み、フロリダに行くことが決まる。兄と二人で渡米したいと言い張るサラヤを、ザックが説き伏せる。「家族みんなの為にお前一人でも行ってくれ。」渋々承知したサラヤはリング名を「ペイジ」に決め、大好きな家族と別れてアメリカに渡る。
Filmarksより

基本的にネタバレを気にせずに書いているので、未見の方でネタバレしたくない方はご注意ください。

コメディ要素多めなレスリング一家

映画「ファイティング・ファミリー」感想 -後半にネタバレあり- 実在するレスリング一家の絆に感動する。(C)2019 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC., WWE STUDIOS FINANCE CORP. AND FILM4, A DIVISION OF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

お父さんとお母さんが喋ると とにかく話がぶっ飛んでいて笑えるっていうのが とにかく良かった。
(本人達は自分の経験や過去を話しているだけで 笑わそうと思っていないのがまた良い…)
普通であれば暗い雰囲気になってしまいそうな内容なのに、あっけらかんとしていて全然重たくないんですよね…不思議だ…(笑)
(自殺しようとしてたとか、兄は刑務所にいるとか、普通は笑っちゃいけない気がするんですけどね^^;)

そして人数が足りないからという理由でリングに入り 家族の為に頑張っているサラヤと、レスリングに夢を抱く兄(ザック)とのやりとりも良かった。
選ばれる妹と 夢が叶わない兄。
有名になれる人はほんの一握りなので、大体の人間が兄の立場だとは思うけれど、兄の存在がなければサラヤの成功はなかったというのは本当にそうだろうなぁと感じた。
刑期を終えたザックの兄が「サラヤにあって俺にないものは お前だ」とザックに言うシーンがあるように、引き立て役としての兄がいなければ サラヤは選ばれてなかっただろうと思う。
家族や仲間の応援だったり絆があったからこそ手に入れることができたんだろうなぁと。

一家の夢でもあるWWEのプレッシャー

映画「ファイティング・ファミリー」感想 -後半にネタバレあり- 実在するレスリング一家の絆に感動する。(C)2019 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC., WWE STUDIOS FINANCE CORP. AND FILM4, A DIVISION OF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

選ばれたサラヤだけが次のステージに進むことになり、サラヤ一人だけでフロリダへ渡米することになるが、案の定きつ過ぎるトレーニング&家族と離れてしまった心細さで気弱になっていくサラヤです…。
トレーニングの後にトレーナーと握手をしたら帰らなくてはいけない…というルールもかなり厳しいですね。(バチェラーのローズセレモニーが少しだけ頭をよぎってしまいました…知らない人ゴメンナサイ…笑)
サラヤはまだ若いし 精神面が弱いのは当然のことで 逃げ出したくなる気持ちもわかる。
華やかな容姿とパフォーマンス力も必要とされて余計に自信を無くしていく。
さらに、強さや経験では負けるはずがないと思っていた元モデルやチアの人達は並々ならぬ覚悟でトレーニングしていて、容姿だけでなく精神面でも強く 根性もあり、ショービジネスに慣れているので本番にも強かった。
そりゃこんな自分じゃダメかも…と自信をなくして金髪にしちゃうよね…。
このままではダメだ…どうにかして自分を変えなければ…って考えた時に 見た目を変えてしまうのが一番早いし。
「求められている何か」になるために 自分の個性を殺してしまうというのは 誰もが経験しているし、避けて通れない道かな と思う。

サラヤだけでなく ザックの成長記録でもある

映画「ファイティング・ファミリー」感想 -後半にネタバレあり- 実在するレスリング一家の絆に感動する。(C)2019 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC., WWE STUDIOS FINANCE CORP. AND FILM4, A DIVISION OF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

心から願っていた夢が叶わないザックから見ると、自分が喉から手が出るほど欲しい夢を簡単に捨てようとしているサラヤに複雑な気持ちを募らせていくザック。
一家の夢を叶えてほしいという気持ちと なぜ自分じゃないのかという悔しさと、目の前でその夢を自ら諦めようとしているサラヤに対するイライラが限界になり、ついに爆発してしまう。
休暇で一時的に帰ってきたサラヤとリングに上がった際に、いつもは引き立て役としてサポートするはずが、流れを無視してサラヤをコンテンパンにしてしまうのでした(これは見ていて本当に痛そうだった…)。
すっかり やる気をなくしてお酒に逃げるザック…。でもなんとなくザックの気持ちもわかるなぁ…。あと一歩ってところで夢に手が届かないっていうのが一番悔しいだろうなぁと思うので。しかし一般人にいちゃもんつけて喧嘩して殴ったりするのは良くなかった(そこはプロとしてアウトなのでは、と)。
お互いが色々と葛藤しつつも 兄と妹が お互いの存在を認め、自分自身の個性や生き方を受け入れて成長していく過程は とても良かった。

奇跡のシンデレラストーリー

映画「ファイティング・ファミリー」感想 -後半にネタバレあり- 実在するレスリング一家の絆に感動する。(C)2019 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC., WWE STUDIOS FINANCE CORP. AND FILM4, A DIVISION OF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

そして、何かが吹っ切れたように覚醒したサラヤがかっこよかった!金髪を黒髪に戻し、自分の持っている経験や知識を積極的に仲間と共有する。代わりにショーとしての見せ方などを教えてもらっていて急成長していく。

WWEデビュー戦が生放送ってことで緊張してザックと電話するシーンも良かったですね。わだかまりがなくなり、兄にちゃんとサポートされて安心しているように感じました。(迎えに来たトレーナー(ハッチ)を待たせ過ぎているのでは…とちょっと心配にはなったけど・笑)

ラストのWWEデビュー戦もかなり胸熱で感動したのだけど、少し呆気なくも感じた。あれほどの前置きがあったので もう少し観たかったなぁというのが素直な感想です。
ですが ザック・アタックで勝利するというのは嬉しかった!ザックの技がWWEでお披露目されたということなので。ちょっと涙腺が緩みました。

あと 本人が登場するエンドロールも良かったです。
家の内装や台詞とかが結構忠実に再現されていたことに気付いて 単純にスゲーって感心してしまいました。
(犬もそうだけど、部屋に置かれた水槽まで再現していたとは…一瞬だったから見間違いかも…そしたらゴメンナサイ)
演じる俳優さん達も 本人にかなり寄せていたんだと知れて良かったです。(というかほぼ本人です・笑)
エンドロールは最後まで観た方が良いですね。

まさか自分がプロレスで熱狂すると思わなかった。
新たな自分を発見できて嬉しかったです!

ではでは~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です